スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- |

語学資格の取り方と取得のメリット

 ここのところ不況、不況と言われて、企業が倒産したり、派遣社員・正社員の解雇給料のカットが相次いで、不安が高まっています。
こういう時代だからこそ、資格を取って自分の価値を高めたい、という人も多いのではないでしょうか。
現代は格差社会というふうに言われていますし、生き抜いていくために資格は重要になってきています。


さて資格と言っても多種多様にあります。
独学とか通信教育で取得できる資格もあるし、専門学校で学習しなければ取得が難しい資格もあります。
どの資格を選び、どんな資格の取り方をするかによって、生活や将来が大きく影響されてくることになります。


そういうふうにいろいろある資格ですが、中でもメジャーで、就職、転職、昇進にも役立つ語学資格に注目したいと思います。


語学資格と言うと英検やTOEICに代表される英語の資格が何といっても一番強いでしょう。
特にTOEICの高得点を持っていると就職に有利になったり、派遣会社での待遇が良くなってきたりします。
でも語学資格は英語だけではなく、フランス語やドイツ語、スペイン語や中国語、韓国語などでも資格試験を受ける人が年々増えて生きています。注目語学はこれから経済的つながりが強くなって需要が増える中国語かもしれませんね。


資格を取るためには認定試験に合格しなければいけませんので、語学の学習の上に資格試験の受験対策もして準備をしておくとよいでしょう。


語学資格を持っていることによるメリットですが、たとえば語学学校の教師というシンプルな選択もありますし、語学力を生かして外資系の会社とか海外との仕事のある企業への就職が有利にもなります。また、海外ボランティアに参加という選択もありますね。


このように語学資格を取ることによって、自分のスキルを上げて各社社会で生き抜いていく武器にすることができるでしょう。

語学資格の種類

 一口に語学資格と言っても、日本で取得できる語学資格の種類はたくさんあります。
たくさんある語学資格の中でどの資格を選ぶかは、その資格を取って何をしたいのか、その資格をどう生かしたいのかによって変わってくるでしょう。


もっともポピュラーな資格と言うと実用英語技能検定(英検)で、上級の資格を持っていると就職に有利にもなります。
これは、資格を生かすというよりも、受験や就職のことを考えて、漢字検定と同じ感覚で学生時代に取得する人が多いですね。


民間資格TOEICは、日本企業の海外進出に伴って、そういう企業で仕事をする場合のスコアとして適用されます。


翻訳技能認定試験という資格もあります。
これはいろいろな分野の翻訳に必要な英語と中国語の言語力と翻訳者としての能力、専門知識を認定する資格です。
A(英語、中国語):文化、芸術、スポーツ B(英語):法律、政治、経済 C(英語):工学、化学、科学 D(英語):医学、薬学、バイオという4つの部門に分かれていて、かなり専門的な語学力が必要となりますが、将来性も高い資格です。


また、通訳の資格もあります。通訳の資格には通訳技能検定、ボランティア通訳検定、通訳案内業試験、日独通訳技能試験があります。


特に通訳技能検定は通訳者の実力を客観的に判断して証明する資格で、取得するのが難しい語学資格だけに評価が高く、専門分野を持っていると、仕事を得るのに大変有利となります。


また通訳案内業は、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語から1ヶ国語を選択することになります。
語学力だけでなく日本の文化・地理・歴史などの知識も必要になるのが特徴です。日本を訪れる外国人観光客が年々増えていることもあって、年間を通して仕事の依頼も増えてきています。


そのほか海外旅行の添乗業務に就くための一般旅程管理主任者や、日本語教員の人の日本語教育能力検定試験、通関士や工業英語能力検定試験なども専門的な知識が必要な語学資格関連と言えます。


自分がどんな仕事がしたいのか、そのために必要なことは何かをよく知ることが大切ですね。
Copyright (C) 語学資格 | 資格についてみんなが知りたいこと!. All Rights Reserved.